Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
81  海洋コア総合研究センター Center for Advanced Marine Core Research >
81A 学術論文 Journal Article >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4425

タイトル: 絶対古地磁気強度測定法の進展と新方法による過去500万年間の平均地球磁場強度 ―現在の地磁気は異常に強い?―
その他のタイトル: Progress in Paleointensity Determination Methods and a Possible Revision of Time-averaged Geomagnetic Field Intensity for the Last Five Million Years : Strong Dipole Moment of the Current Geodynamo?
著者: 山本, 裕二
綱川, 秀夫
Yamamoto, Yuhji
Tsunakawa, Hideo
キーワード: geomagnetic field
absolute paleointensity
time-averaged intensity
Thellier method
LTD-DHT Shaw method
地磁気
絶対古地磁気強度
平均地球磁場強度
テリエ法
低温消磁2回加熱ショー法
雑誌名: 地學雜誌
発行日: 25-Apr-2005
出版者: 社団法人東京地学協会
URI: http://hdl.handle.net/10126/4425
出現コレクション:81A 学術論文 Journal Article

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
yamamoto2005.pdf1.84 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください